工事のご提案

改修工事のご予算・ご希望に合わせたお見積とご提案を

建築工事はお金がかかるもの。できるだけ安く行いたいのであれば専門の工事業者への依頼で解決することが多くあります。

ベーシングでは、お客様から詳しくお話を聞くことで、本当に必要な工事やメンテナンスを見極めてご提案をします。
お客様の抱えている問題はなんでしょうか?予算?不具合が起きている?定期的なメンテナンス?それぞれの課題に合わせてご相談にのり、お客様の課題解決を一緒にしていきます。

以下に今までご相談いただいたケースをご紹介しています。同じような悩みをもつオーナーさん、建物管理の方はご相談ください。

料金表はこちら
お問い合わせはこちら

1.全体の改修内容で計画する

全体のお見積内容から、ご予算に合わせて、直に不具合が出ない箇所や後からできる箇所を省いて工事内容の選定を行い、ご予算に合わせていき、掛かる費用を抑えます。マンション等の改修時に多いケースです。何度かの打合せが必要です。

例:中小規模のマンション又はビル RC造4階建て外壁1200m2程度
全体の改修¥10,000,000円→見直し後¥7,000,000円

2.決まったご予算の範囲で計画する

最初から、建物に掛けられる費用について、その年(又は月)、でのご予算を教えて頂き、最適なメンテナンス内容を選定し、ご提案・お見積を致します。無理のない改修計画を立てられます。賃貸マンション等で多いケースです。
ただしご希望通りにならない場合もございますので、何度かの打合せが必要です。

例:築15年の建物(4階建て屋上150m2)  新築時から未改修(ノーメンテナンス)
ご予算¥1,500,000円→まずは屋上防水改修工事¥1,200,000円を提案

3.決まった内容で計画する

何をしたいか、どのような仕上げにしたいか等、最初に工事内容をお聞きし、最適な方法をご提案・御見積を致します。一般的なケースです。仕上げや内容により2パターンの提案をすることが多いです。

例:外壁(80m2)だけ塗り替えたい
仕上げパターンA 水性シリコン    ¥500,000円
仕上げパターンB 遮熱塗料仕上げ   ¥550,000円

4.不具合発生し、解決する為の工事を計画する

雨漏れや壁のひび割れ等の不具合を解消するために行う工事内容を決めます。一番多いケースです。これらは2パターンに分かれます。原因がわかる場合とよくわからない場合です。後者は今まで改修を行って無いものや形状が複雑な建物に多くあります。

(1)原因がわかる場合(見てすぐにわかる亀裂等がある等)

応急処置から完全に解決する内容まで2〜3パターンの提案をすることがあります。

例:漏水箇所がある
応急防水補修   ¥50,000円 簡易的な止水処理
部分防水補修 ¥150,000円 範囲を限定した防水処理(保証無)
全体防水改修 ¥700,000円 10年保証付き
(2)原因がわからない場合(要因が多くある場合等)

不具合解決の1番高い確率の工事内容を提案し、もし解決しない時にも原因を追究できる内容で提案します。消去法の解決策になりますが、初回の工事で解決する場合が一番多く、2回目・3回目には解決に至る場合がほとんどです。漏水の場合は上部から要因を除いていきます。

例:漏水箇所がある
1回目漏水箇所周辺屋根部防水工事 ¥700,000円
2回目漏水箇所周辺外壁部防水工事 ¥900,000円
料金表はこちら
お問い合わせはこちら
現場調査のご依頼・お問い合わせはこちらから
このページの先頭へ
Copyright © Basing Co.,Ltd. All Rights Reserved