塗床工事

塗床工事

塗床工事とは、工場、厨房、病院、事務所、プール、プール更衣室、シャワー室などの床には耐水性、耐薬品性、耐熱性などの機能を持つ加工を施すことです。特に工場や厨房では衝撃や薬品・熱・雨水などの床を劣化させる原因は多くあり、床材の劣化が起こります。劣化した部分からコンクリートへの侵食が始まり、内部深くにまで及ぶと補修作業も大掛かりなものとなってしまいます。コンクリート床の保護、安全性・衛生環境・美観性を維持するため定期的な塗床工事を行いましょう。
ベーシングでは状況や用途に応じて、見た目の美しさと機能性を両立した塗装をご提案しています。

厨房床改修工事

高温の油や水、調味料などの影響で、厨房の床も劣化が激しい場所です。油や水があっても滑らないようにする加工等が必要となります。劣化を放置すると大事故にもつながりかねませんので定期的な改修が必要です。

塗床の劣化をチェックしましょう

  • 床の塗装が一部でも剥がれている。
  • 凹凸が目立つ。
  • 床が滑るようになった。
  • 床の汚れが目立つ。

塗床の剥がれ

現場調査のご依頼・お問い合わせはこちらから

塗床工事に使用される塗料について

塗床において使用される塗料は多種多様にありますが、その中でも広く使われている塗料がエポキシとウレタンです。ここではエポキシとウレタンについてご紹介します。

エポキシ樹脂塗床 ウレタン樹脂塗床
硬質ウレタン
(ウレグロス)
水硬性ウレタン
(ウレクリート)
特徴 特徴 特徴
  • 意匠性に優れ、光沢のあるシームレスな仕上がり。
  • 仕様工程の組み合わせにより耐摩耗性・耐衝撃性・耐薬品性・耐電性・耐熱性等、様々な用途に対応する。
  • 防塵性に優れ、清潔で衛生的な環境を守る。
  • 耐荷重性に優れ、工場床、機械室床でも性能を発揮。フォークリフトの走行にも耐える。
  • 意匠性に優れ、光沢のあるシームレスな仕上がり。
  • ウレタン特有の弾力性と、エポキシに近い強度を兼ね備える。
  • 耐摩耗性・耐衝撃性に優れ、ひび割れが起こりにくい。
  • 施行時・施行後の臭いが気にならない。
  • 耐熱性に優れ、沸騰した熱水を流しても問題ない。
  • 耐薬品性に優れ、ほぼ全ての薬品に耐性がある。
  • 施行時・施行後の臭いはほとんど感じられない。
  • 耐荷重性に優れ、フォークリフトが通っても問題がない。
主な用途 主な用途 主な用途
学校、クリーンルーム
研究室、病院
工場、実験室
事務所、廊下、
クリーンルーム、研究室
病院、機械工場
食品工場、厨房
薬品倉庫、倉庫
現場調査のご依頼・お問い合わせはこちらから
このページの先頭へ
Copyright © Basing Co.,Ltd. All Rights Reserved